日本太鼓財団

日本太鼓財団

日本太鼓財団

第31回富士山太鼓まつり


日 時 2016年7月30日・31日(土日)
開催地 静岡県御殿場市
会 場 富士山交流センター「富士山樹空の森」
主 催 富士山太鼓まつり実行委員会
出演団体 富岳太鼓、滝ケ原雲海太鼓、御殿場南中学校、九重太鼓、等

富士山太鼓まつりの特色
「富士山太鼓まつり」の特色の一つは、御殿場市内のみならず県内や全国の太鼓団体が出場し、演奏することにある。祭りには全国でも有数の太鼓団体を数団体招き、その演奏は会場を訪れた人々を魅了している。また、御殿場市近郊や県内の地元団体は毎年5~10団体出場し、ゲストの演奏家たちに匹敵する気迫で祭りを盛り上げる。その中には子供だけの団体、障害者の団体等の参加もあり、和太鼓が年齢性別等の壁を越え幅広い層の人に親しまれていることがわかる。
もう一つの特色は、「一人打ちコンテスト」である。第2回からはじめられたこの「一人打ちコンテスト」は全国から名乗りをあげた和太鼓奏者達が一堂に会し、日々の研鑽の成果を競うというもの。平成5年の第8回からは、富士山ルネッサンス協会が制作した、世界最大級の和太鼓「富士山」(地上高3m77cm6mm、重量2.5t*台を含む)を使い、「大太鼓富士山一人打ちコンテスト」として更に盛り上がりを見せている。現在では大太鼓「富士山」は、「富士山太鼓まつり」のシンボルとなっている。