English

日本太鼓財団

日本太鼓財団

日本太鼓財団

カンボジア太鼓公演

日 時 2008年2月20日~2008年3月3日
開催地 アジア カンボジア
会 場 2/23チャットモックシアター、2/25ミス・サムラ フレンズ、2/26モンディアルセンター、2/27,28ソバンナ・プム、3/1チェンラ・シアター
出演団体 甲州ろうあ太鼓(山梨県)

2月20日から3月3日にかけてカンボジアの首都プノンペンに、甲州ろうあ太鼓(山梨県)を派遣しました。これは、昨年のラオス・ベトナム公演に続き、日本財団が障害者に対する意識改革と啓蒙活動を行う事業を実施することとなり、太鼓チームの派遣協力の要請を受け実現したものです。プノンペンで7回の公演と3回のワークショップを行いました。
派遣チームとしては、聴覚障害者を希望されたため、昨年に続き甲州ろうあ太鼓(山梨県)を派遣することとしました。
今回の公演には、カンボジア王室からも多くの王族がご臨席いただきました。また、23日の国際芸術祭と25日のアマチュア芸術祭では笹川会長を始め、日本財団の関係者も出席されておりました。
太鼓を通じて、アジア諸国に根付く障害者に対する偏見を、障害者の芸術チームの公演を実施することにより一般国民に対し、障害者の地位向上を訴えるとともに、障害者自身にも意識の向上を図ることができました。