日本太鼓財団

日本太鼓財団

日本太鼓財団

新年のごあいさつ(2021/1/6)

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
昨年は、新型コロナウイルス感染拡大により大変なご苦労をされたことと思います。
当財団でも、感染拡大防止の観点から計画した多くの事業が開催できませんでした。
殆どの事業が開催直前になって状況が悪化する、極めて残念な結果となりました。
その中にあって、「浅草太鼓祭」と「関東太鼓まつり」が開催できましたことは、僅かな光が差した感があります。
公式サイトに掲載しました、コロナの感染防止対策を施しながら実施いたしました。
おかげ様で事故もなく無事に終了することが出来ました。
太鼓関係者にとりましては、演奏の機会が失われることは何よりも辛く、苦しいことです。
そのために、日本財団にお願いして全国で太鼓の演奏会事業を実施することとなりました。
それぞれの地域での実施を想定しております。
皆さん、是非元気で明るい社会に向かって頂くようお願いいたします。
東日本大震災の際も、被災地の皆さんにとっては多くの苦難の中から立ち直って頂きました。
明けない夜は無いのと同様にこのような日が永久に続くわけではありません。
新たな生活環境を整えながら新たな太鼓活動を行いましょう。
くれぐれも感染予防に留意して下さい。
次にお会いするときは、元気なお顔を拝見したいと思います。

公益財団法人 日本太鼓財団
理事長 大澤 和彦